増大の鍵はトレーニングが日課になるかどうか

ペニス増大の為のトレーニングは
面倒で中々継続できず、
3日坊主で終っている人も少なくないです。

 

そこでお勧めの方法がペニス増大の為に
トレーニングを日常の中に取り入れていく事です。

 

毎日のルーティーンになるようにすれば良いのです。

 

日々の日課となっているもの例えば、
歯磨きやお風呂がありますが
これらの作業を行っているときに
トレーニングを行えば良いのです。

 

既に日課となっているものの中で
トレーニングを行えば、
日常生活の中に無理なく取り入れる事ができます。

 

特にお風呂の中でのトレーニングはお勧めで、
浴槽に使っている数分間を
ペニス増大の為の時間に置き換えれば良いのです。

 

お風呂につかりながら
自分の求めている理想の形を想像しながら
トレーニングをすると闘志もでてきますし、
継続する事が楽しくなります。

 

また彼女や妻に応援してもらうのも
グッドアイディアです。

 

応援してくれる人がいると自然にやる気がでてきます。

 

トレーニングを日課にするためにも
2、3ヶ月忍耐強く頑張ってみましょう。

 

少しずつですが効果が表れ、
トレーニングが楽しくなりますよ。

 

 

トレーニング前に体を温めれば効果がアップ

 

とにかくトレーニングをして鍛え上げる事が
ペニス増大には良いと思っている人、
まだまだ多いです。

 

しかし鍛えるのと同じぐらい大切なのは
トレーニング前にペニスの周り、
そして体全体を温めておく事です。

 

陰部だけでなく体全体もと疑問に持つかもしれませんが、
体が温まると血行が良くなるので
その後に行うトレーニング効果がアップするからです。

 

体を温める方法ですが一番簡単なのは
お風呂に入りながらのトレーニングです。

 

暖かくなった浴室で
お湯につかって体を温めると成果も出やすいのです。

 

なぜならお風呂につかると
血管が広がり血液の循環が良くなるからです。

 

この状態でペニスを鍛えると
効果がいつも以上に期待できます。

 

疲れている時こそ心地よいと感じる
ぬるめのお湯に時間をかけて入ってください。

 

心がリラックスできるだけでなく血管も拡張します。

 

お風呂で体を温める事は
ペニス増大のトレーニングを行う上の環境作りにも
最適なだけでなく、健康にも良いです。

 

以上の点からトレーニング前は
入浴で体を温める事が大事です。

 

もしできるならお風呂から出る際に
低めのお湯を体にかけると血行が促進されるのでお勧めです。

 

 

ペニスが小さくなったように感じたら

 

自分のペニスが小さくなってしまったと感じる事ないですか?

 

本当に小さくなる事はないですが
色々な事が要因となって小さくなってしまったように
感じる事があるのです。

 

考えられる要因は以下の4パターンです。
1、太りすぎにより脂肪がつき過ぎて
ペニスが見えなくなってしまうパターン。

 

実際に大きさは変わらないのですが
脂肪に埋もれてしまうので小さく見えるのです。

 

2、高齢によって小さく見えるパターン。

 

年齢が高くなると脂肪や筋肉量が減る事で
血行が悪くなりがちです。
結果、中高年に差し掛かる頃から勃起力が
下がるためペニスも小さくなったように感じます。
この場合も実際のサイズは変わらないケースが多いです。

 

3、精神的なストレスにより小さく見えるケース。

 

過剰なストレスなどで性欲が減退すると
小さく見える事があります。

 

悩みを抱え込まず、
自分なりのリラックスの方法を見つけて、
ストレスを溜めない生活をしましょう。

 

4、病気になったり過度なダイエットが原因で
体内のたんぱく質が減って小さく見えるケース。

 

以上の事から健康な体でいる事が
一番ペニスには良い事がわかります。

更新履歴